読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子WEBエンジニアのTechメモ

都内の某企業でマーケッターやってます。営業→WEBエンジニア・オフショア開発チーム駐在→マーケッター(SEO)ちょっと便利だなと思ったことをメモしています。

WordPressのThemeやPluginや本体をコマンドで更新する【wp-cli】

WordPress

レンタルサーバーを使っていると

「WordPressやPluginをコマンドラインでアップデートとかインストールしたい・・・」

と思う時ないですか?(SSH UploaderのPluginつかっているけど、サーバーへの接続方法をこのためにいじるのは面倒・・・)

そんなときに使えるのが「wp-cli」です。

wp-cliでできること

ダッシュボード上でやっていた、

プラグイン
テーマ
WordPress本体

などのインストール・アップデートなどを、サーバー上でコマンドで実行できるようになります。

ちなみに公式ホームページはこちら→wp-cli.org

このブログで使用している環境

  • CentOS 6.7 x 64
  • WordPress 4.5.3

ちなみに必要な条件は、

  • Unix系のOS環境(OS X, Linuxなど)
  • PHP 5.3.2以上のバージョン
  • WordPress 3.5.2以上のバージョン

のようです。(こちらは未検証)

wp-cliのインストール

下記のコマンドを使って、wp-cliをインストールします。

$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

OS Xをつかっていてbrewを入れている場合には、brewでインストールすることもできます。

インストールされたことを確認するには、下記のコマンドを実行して結果を参照します。

php wp-cli.phar --info

インストールに成功していれば、下記のような結果が返ってきます。

PHP binary:php PHP
version:5.3.29
php.ini used:/etc/php.ini
WP-CLI root dir:phar://wp-cli.phar
WP-CLI packages dir:/root/.wp-cli/packages/
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version:0.23.1

毎回パスを入力するのは面倒なので、使いやすく「wp」という文字列でwp-cliのコマンドを扱えるようにします。

chmod +x wp-cli.phar
mv wp-cli.phar /usr/bin/wp

また、そのままでは
「bash: wp: コマンドが見つかりません」
のエラーになるので、下記のようにファイルを追加したりしてbash補完します。

wp-completion.bashのインストール

適当な場所に wp-completion.bash などという名前のファイルを作成します。名前はなんでもいいです。

そのファイルの中に、下記のサイトより wp-completion.bash のソースコードをコピペしてはりつけます。

wp-completion.bashのソースコード

bash_profileに読み込ませる

~/.bash_profile に、先ほど作成した wp-completion.bash を読み込ませます。私は下記の行を追加しました。

source /wp-completion.bash

wp-completion.bashのファイルの場所に合わせて、パスは変更してください。

保存して閉じて、bash_profileの設定を読み込ませます。

source ~/.bash_profile

.bash_profileのファイルの場所に合わせて、パスは変更してください。

さっそくwp-cliを使ってみる

これでwp-cliが使えるようになっているはずです。

試しにプラグインをupdateしてみます。

wp plugin update hello-dolly

できた!