読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子WEBエンジニアのTechメモ

都内の某企業でマーケッターやってます。営業→WEBエンジニア・オフショア開発チーム駐在→マーケッター(SEO)ちょっと便利だなと思ったことをメモしています。

OpenShiftのCartridgeを利用してPHPMyAdminを使う

OpenShift Database

今日は、作成したアプリケーションにPHPMyAdminを導入する部分をやります。

OpenShiftではPHPMyAdminなどを簡単に設定できる「Cartridge」があります。このCartridgeを設定するだけで、PHPMyAdminの設定は完了!

CartridgeはPHPMyAdmin以外にもたくさんのツールがあるので、開発するものによって自由に組み合わせることができます。

ポチポチクリックするだけで簡単に設定できてしまうのがPaaSの素敵なところですね★

OpenShiftの管理画面からPHPMyAdminのCardridgeを探す

アプリケーションの詳細画面を表示します。

f:id:ajarakko:20160711201932p:plain

下のほうのAdd PHPMyAdminをクリック。

f:id:ajarakko:20160711201940p:plain

Cartridgeを追加する

確認して、Add Cartridgeをクリックします。

f:id:ajarakko:20160711201946p:plain

PHPMyAdminが追加されました!

動作を確認

表示されているURLからPHPMyAdminにアクセスして、ログインできることを確認します。

ブラウザからアクセスするとBasic認証がかかっているので、表示されているユーザ名とパスワードを入力する必要があります。

f:id:ajarakko:20160711201953p:plain

databaseも完成してるー!!